ブログ

制作の記録と日記

#00092 新しくない手法

3DCGと立体視写真の組み合わせを考えている。VRゴーグルを使った360度見渡せるイメージ作りの可能性。考えても考えても、その先はフォトリアルなゲーム空間にしかならない。モデリングした物や空間にテクスチャーを貼っていく作業はまさにゲーム制作現場で長く使われてきたことだし、3DCGやVFX自体も20年以上前から映画制作の中でアップデートされてきたことで、それらの手法を使って仮に写真作品を作れたとしても、エンターテイメント業界が培ってきた技術を流用しているにすぎない。『新しい写真』は『新しい技術を使った写真』ではない。先端技術もまた古くなる時が来る。映画写真表現は時間が蓄積された時に初めて意味を持つものだとしたら、先端テクノロジーに頼ったものは時間が経つにつれ味気ないものになっていくのだろう。

デジタルカメラも日々進化している。次に狙っているカメラはFUJIFILMの中判デジタル一眼。D810を買った時はこれが壊れるまでは新しいカメラは必要ないと思っていたが、どうしても更新したくなるもので、その前のCANON 5D MARK2の時も同じことを思っていたわけで。デジタルの進化がどこまで続くのか、行き止まりまで付き合っていくしかなさそう。

 

ジャングル撮影はエイトバイテンからシノゴ分割撮影に変更。バイテンフィルムを高精細にスキャンするスキャナーが無い(あっても買える値段じゃ無い)ことと、ジャングルでの取り回しの難しさがネックになっていた。バイテンのオイルマウントスキャンを試してみたいがオイルはドイツからの取り寄せになり、その輸送料金がとんでもない金額だったので諦めた。日本に代理店ができることを願うが、フィルムスキャナの新製品がほとんど無い状態なので無理な話だろう。

 

分割撮影+スティッチングの技法も15年以上前からグルスキー達が試行錯誤してきたもの。『カメラ』や『パソコン』『画像編集ソフト』などデジタルの写真表現に必要なもの全てが、世界中の写真家や企業の技術の蓄積であり、その恩恵を受けて活動している自分が『新しい写真表現』と考え悩んだりしている状況が少し滑稽に思えてくる。先人が固めてくれた土俵の上で相撲を取らせてもらっていることに感謝しつつも、土俵はともかく他人のふんどし(過去に成立しているアプローチやプリント技法)で相撲を取り続けていいのだろうかと思うこともある。そこだけはいつか自分から派生したものを見つけていきたい。

#00091 準備準備準備

10月にオープンするカフェギャラリーの準備、ショップスペースのリノベーション、ジャングル撮影の準備(体力作り)、授業の準備、英語の勉強、写真表現のリサーチ。6月末までにショップスペースは出来ていないとマズい。大工さんに頼めば3日で終わらせてくれるだろう。未だ慣れない手つきで木材と格闘しているけど、少しずつスキルはついてきて丸ノコの扱いも慣れてきた。本棚と什器を自分で作れるようになるのが目標だ。

 

カフェの準備はお尻に火がついてきた。方向性とコンセプトは固まっているが、具体的に動くスピードが遅すぎる。食器類を揃え、調理器具を調達し、レンタル機器の手配。食器類は合羽橋なら2日で事足りる。調理器具も大手のリサイクル専門店に行けばすぐ手に入る。経験値のなさが進行スピードに現れるのは仕方がないとしても、これで大丈夫という気持ちで進めていくしかない。

 

この半年間の写真表現に費やす時間の少なさに愕然とする。大学助手の時の10分の1くらいになっているかもしれない。気楽な立場であったこともあるが、どんな立場になろうと制作時間をキープしなくては作家とは言えない。仕事と家族と制作の比率。8月の本番撮影までに撮影の勘を取り戻す。

 

 

 

#00090 資料請求

2か月ほど前に厚生労働省に資料を請求していたのだが、ようやく返答が届く。これで祖父に関する資料は集まった。ソロモン諸島行きのチケットも購入。あとはルートの決定とガイド探し。出発まであと4ヶ月。

 

ゴールデンウィークの写真展も無事に開くことができて一安心。展示内容も展示作業もシンプルで分りやすい構成なので戸惑うことはなかったが、展示道具無しの作業のストレスに驚いた。今のままでは複雑な展示構成には対応できないだろう。オープンまでに設備も道具も充実させなければいけない。

 

これが終わればまた工事が再開される。バーカウンターと手洗い場の設置、ブックショップの床貼りと進む。