ブログ

制作の記録と日記

#000115 持続的支援策

大型インクジェットプリンターや制作に使うモチーフや支持体、撮影機材などで住居スペースがかなり切迫してきているので、思い切って引越しをしようと町内の空き家を探しているがなかなか見つからない。地方の空き家は不動産会社に登録することはなく貸し借りが行われることが多いので、地域に協力者がいなければなかなか良い物件に出会えない。自分の住んでいるエリアは空き家が多いのだけど築年数が経ちすぎていたりして、理想的な物件はほんの数件しかなかった。今は町内の知り合いにお願いしてその家を借りられるか聞いてもらっている。スムーズに借りられたら良いし、購入できるなら最高なのだけど。

 

クラフトビール会社設立の準備は着々と進んでいる。助成金と銀行の支援金申請準備もコンサルタントの方と相談しながら修正してきて、あと少しで終わる。

ビール研修もあと少し。ビール作りに関する知識と経験は蓄積してきたし税務署とのやりとりのための書類作りも理解できるようになった。お金が集まり次第だけど、このまま順調にいけば来年の春にはギャラリーで自社製のクラフトビールを提供できるようになる訳だ。 

 

飲食提供で利益を生み出しアーティストに還元していく方法として今の計画が理想的なものだと考えているが、先の見通せない時代に希望を持って前に進むのはかなりメンタルが強くないといけない。お金も最低でも数百万を使う訳で、全部無駄金に終わる可能性も低くない。

あのお金で自分の写真集を作っておけばよかったと後悔しないように、慎重に計画を立てていく。

 

写真家を名乗っている以上自分の制作を疎かにはできない。来年秋には都内のギャラリーを借りて個展をやろうと思っていて、その制作はゆっくりとだが進んでいる。子供の写真を撮りネガの管理、新聞を購入する。今までは大学のシルクスクリーン台を使っていたのでスムーズな制作できていたけれど、コンスタントに大学に行けなくなってしまったので自宅で作業するための露光機とスクリーン台を探す。2年前に行ったガダルカナル島のジャングル写真もセレクトして形にしたい。

 

今やっている全ての行為が来年の躍動に向けた地固めだと思っている。同時並行でいろいろな準備をしているので自分のやることの多さにクラっとすることもあるけど、うまくいくと信じて進むしかないだろう。

 

 

 

 

#00114 ローカルビジネス

自分の夢はたくさんあるが、その中の一つは『写真家を支援するギャラリーと出版社を作り、発表の場を提供する』こと。個人的な夢は勝手に進めていけばいいが、作家を支援する活動は金銭的にも物理的にも様々な意味で覚悟が必要だ。昨年オープンしたスプリングギャラリーの活動はまさにその夢の足がかりとなり、より大きな目標に向かっていくはずだった。しかし今はその活動を一旦ストップさせている。新型コロナウイルスの影響は今後どうなっていくか分からないけれど、この状態が続くなら現状のビジネスモデルではギャラリーが成り立っていかないのは明確で、傷が深くない早い段階で一度仕切り直そうと思ったわけだ。しかしオンラインギャラリーなど発表方法を変えるわけではなく、ギャラリーを運営するための利益作りの方法を根本的に変えていこうとしている。

 

新型コロナが拡散される前のビジネスモデルは

1:ギャラリー内のカフェスペースでスパイスカレーやクラフトビール等の飲食提供。

2:B0ノビまで出力できるプリンターを設置し、プリントとレタッチサービスを提供。

3:ギャラリー内のブックスペースを併設し、写真集・アートブックの販売。

4:ギャラリーで定期的に企画展を開催し、プリントを販売。

 

このビジネスモデルは企画展が開催され続け、その展示を目当てに訪れる顧客に向けたサービスと、写真家の作家活動(展示と出版)により成り立つものだったし、少なくとも2019年は成り立っていた。しかし展示が開催できなければ、集客活動ができなければ全く成立しない、か弱いものだったと思う。

 

そして今は新しいビジネスへ転換するべく準備を進めている。そのビジネスは『クラフトビールの製造と販売』だ。製造されたビールはスーパーや酒屋、飲食店に卸され、対面による感染リスクを下げることができる。そして製造量を増やしオンラインによる販売も可能になることでさらなる事業展開が見込める。昨年12月から少しづつ調べ始めていたので、コロナ禍による咄嗟のアイデアではなく、今後のビジネスの柱の一つとして漠然と考えていた。それを主軸にしようとするのだから自分でも驚いている。

 

現在日本にあるクラフトビールのブルワリーは約400社と言われているが、今後はさらに増えていくだろう。1つの町に1つのブルワリーがある時代が来るのは遠い未来ではなく、ブルワリーは花屋やケーキ屋のような存在になっていくと考えられている。生活を少し華やかにさせてくれる存在だ。競争は厳しくなっていくだろうがその競争により品質の向上が期待できるし、ブルワリー同士の繋がりは面白いビール作りのアイデアを出すきっかけになるはずだ。

6月からブルワリーの見学を始め、今はその中の一つのブルワリーで研修させてもらっている。ギャラリーを改修し醸造設備を設置し製造許可が取れれば、来年の春から本格的にスタートする予定だ。というのも冬の間はビールの消費量が極端に落ち、ブルワリーには厳しい季節だからだ。

 

ギャラリーの再開はいつにしよう。写真展の企画案はたくさんあるものの、いつから始めたらいいのか分からない。作家さんにも声がかけられずにいる。精神的な抵抗感が拭い去れないままだ。無神経に(あくまで感染対策を徹底する前提で)始めちゃえばいいだろうと思いつつも、感染者情報を日々確認している状態だ。

#00113 兆し

体調は良くないし作品はうまく仕上がらないしギャラリーは開けられないし。将来の展望を生きがいに生活している人間にとってはこの先の見えない状況は本当にしんどい。明日のために今日を頑張るっていうのは、より良い明日がある前提だったのか。これからもっと酷い状況になる可能性もあるわけだけど、それでも日々努力できる人にならなければいけない。

 

小さな町で生活するのは良い事も悪いこともある。良いことは、例えば都会であれば一瞥されて終わるような行動やビジネスもきちんと見てもらえたり注目されたりする。これから始めるクラフトビール会社設立も賛同者が少しづつ増えてきて、足りない資金はクラウドファンディングにつなげていけそうだ。

悪いことは、ギャラリーを再開させたいが展示をすれば東京や甲府方面から人が来るわけで、この小さい町で感染者1号を出してしまう可能性を考えると怖くて再開できない。よそ者であればなおさら笑えない。田舎の怖いところである。

 

コンペに出していた作品が返却されてきた。戻ってきた作品ほぼ全てが真っ黒く変化していて、定着が全くうまくいっていなかった事に気づいた。これでは通過しないわけだ。もう一度現像プロセスの改善を行い、来年のコンペに備えよう。木材にプリントするのは現像が思ったようにできず成功率は3割。だけどやるしかない。

35歳を過ぎると応募できるコンペが極端に少なくなり、自分のようなメーカーギャラリーには通らない作風ではどうやってキャリアを作っていくのかと考え込んでしまう。1_WALL、もっと若い頃から挑戦しておけばよかったと思っても遅い。

 

作品作り、ビール会社設立の準備、子育てが今の生活ラインナップ。子供も今月で3歳になり、少しづつ手が離れてきた感覚がある。目を離したら死んでしまうかも、という恐怖心は薄れてきた。これからますます手がかからなくなってくるのだろう。なるべく毎日写真を撮り、成長を残していきたい。