ブログ

制作の記録と日記

#00076 アートフェスティバルの視察

アートフェスティバルとインディペンデントギャラリーの視察旅行が終わり、トランスファー先のイスタンブールで一息ついている。残りの飛行機が少し憂鬱だがこれ以上歩かなくていいと思うと嬉しい。そう思ってしまうほど今回の旅は少しハードだった。ベルリンはバスと地下鉄、トラムが充実しているのでスマートフォンを頼りに回れば良かったが、ドクメンタ14とミュンスター彫刻プロジェクトはそうもいかず、歩いて歩いて作品を見て回った。各フェスティバルに最低3日は必要なほどのエリアと作品数にもかかわらず、ドクメンタは2日、ミュンスターは6時間という日程はさすがに厳しく、ミュンスターでは慌てて作品を探し記録を繰り返すことに専念するしかなかった。相変わらず詰め込み癖は治らない。

 

ドイツのアート事情も変わり始めているようで、5年前まではベルリンはアーティストにとって理想的な状況だったのに今やそうでもないらしい。多くのアーティストやギャラリストがベルリンに集まってきたため賃料が高くなり、他の国の主要都市と大して変わらなくなってしまったようだ。ベルリンから数時間で行ける郊外に大きなアート施設ができたり新しい動きが始まっている。ベルリンミッテ地区のギャラリーも移転しているところがいくつもあったし、今後の動向をチェックしていく必要がありそうだ。

 

自分のギャラリーはというと、9月から本格的な工事が始まっていく予定。まずは内壁とライトの工事から始まり展示内容を確定していく。今回の視察がいい方向で効果が出るといいが、単なるベルリンのアートシーンのモノマネにしないように意識していかないといけない。

#00074 ウェブサイト

ウェブサイトをリニューアルしました。

 

Satoshi Terada Photographs  

寺田哲史ウェブサイトhttps://satoshiterada.com

 

 

 

 

#00075 進展状況

友人の店舗デザイナーにギャラリー内容の相談。明日は保健所にカフェ開業の相談。室内デザインと法律について知らないことばかりで、色々な人に協力してもらい、迷惑をかけている状態が続いている。

 

作品が展示できる壁とスポットライトがあればギャラリーとして成り立つわけだけど、床の質、壁にクロスを張るかどうか、スポットライトの種類と蛍光灯の使い方など細かい部分で印象が大きく変わる。天井の高さも重要だ。写真集を中心としたアートブックスペースも併設し自由に読めるようにして、ギャラリースペースとブックスペースを連携させて展示する。過不足なくギャラリーとブックスペースを作ろうとすると、平均的な、よくある空間になっていく気がするけれど、競技場と同じように必要な設備がきちんと揃っていれば良いわけで。そこにどんな作家の、どんな作品を展示するかが一番大切。

 

ドイツ視察まで一ヶ月を切った。民泊を利用して滞在費を下げなくてはいけないが、ドミトリーよりも安くて広い部屋が多いので驚いた。今年もあと半年、写真と関わって生きていることが嬉しいが、個展の準備に時間を作っていきたい。