ブログ

制作の記録と日記

#00090 資料請求

2か月ほど前に厚生労働省に資料を請求していたのだが、ようやく返答が届く。これで祖父に関する資料は集まった。ソロモン諸島行きのチケットも購入。あとはルートの決定とガイド探し。出発まであと4ヶ月。 ゴールデンウィークの写真展も無事に開くことができ…

#00089 DIYモード再発

ギャラリーの内装工事はようやく終わりに近づいてきた。あとはパテのヤスリがけと壁のシーリング、塗装を残すのみ。トイレの壁は緑色にしたのだけどパッとしないのでこの際白く塗り直してしまう。 この3年間いろいろなギャラリーを巡ってきて、自分が作るギ…

#00088 撮影方法の選択

ジャングル撮影はエイトバイテンで撮影し、フィルムを複写する方法に落ち着きそうだ。20年前にグルスキーが試行錯誤していたであろう撮影方法を現在も苦労してやっているのは情けない。しかし1億画素のフェーズワンを買ってジャングルに持ち込めるほど度胸も…

#00087 やることの整理

ジャングル撮影の準備が続いている。頭の中で何度もシミュレーションして一番良い方法を探している。ようやく二択に絞られ、後は実際にテスト撮影の結果で決める。8×10を使うのはリスクがあり保留していたのに、最後の最後で候補に出てきた。三脚とバイテン…

#00086 写真ギャラリー工事と撮影

ギャラリーの工事は半分が終わったところ。残りは床を張りトイレを設置し、壁の塗装と入り口の扉の取り付け。 壁面の高さは3m以上あり、厚い合板を張ってもらったのでどこにでも釘が打てる。写真作品を展示するギャラリーとしてお金をかけなくてはいけない部…

#00085 写真ギャラリー

山梨県西桂町に移住して2年。西桂町に写真を中心とした現代アートギャラリーを作っている。今は天井と壁面、床、スポットライトレール設置など最低限の設備工事が始まったところで、今後1年をかけてカフェカンターやブックスペースなどを作っていく。お金を…

#00084 リサーチにかける時間

この2ヶ月は次の撮影のリサーチ。机でパソコンに向かう日々が続いている。どうにかこうにか前に進んでいる気になっているが、撮影とリサーチの比率が0:100の状態はあまり落ち着くものではない。 撮影地は南太平洋のジャングル。野営のための準備は少しずつ整…

#00083 レシートで時代を表現する

Christian Langeクリスチャン・ランゲのアートブック「LANGE LISTE(ランゲリスト)」を購入。この本は1979年から1997年までのランゲ家の記録で構成されている。期間は西ドイツと東ドイツに分かれていた時代から、ドイツ統一とその後で、メインの記録素材はレ…

#00082 時間が経つということ

ニコラス・ニクソンの写真集"Brown Sisters"を見たときの感動は今でも覚えている。時間が経つ、その逃れることができない事実をこれだけ鮮やかに表現できるのかと。『通常の』写真表現ではその時間の経過を別の形で表すことが多い。いわゆる痕跡というもので…

#00081 インプットとアウトプット

作品の追い込み。ここからは馬力だけではどうも上手くいかない重要な作業。 制作に夢中でこの1ヶ月は写真展や美術館に行く時間がほとんどなかった。7月までは展示や本屋巡りでインプットする時間が取れていたが、この状況はしばらく続きそうだ。とにかく完…

#00080 写真と言葉

新聞のページはテレビ、社会、地域、スポーツ、くらし、教育、文化、解説、投書、商況、経済、国際、政治、総合などで構成され、そこに広告スペースが散らばっている。広告は文庫本や健康飲料、精力剤まであり読者の年齢層に合わせたものだ。この2週間は支…

#00079 環境の変化

写真ギャラリーの予算が確定し、いよいよ本格的な準備に入る。予算が分からないうちはどれだけ内装を考えても無意味に感じる。予算があって初めて材質やグレードを決定できる。ようやく慌ただしい日々が始まる。 ファッションフォトグラファー、ビル・カニン…

#00078 夏休み1ヶ月

講師の仕事のない8月は絶好の制作シーズンなのに、この2週間連続の雨で予定が総崩れ。デスクワークのみで過ごすことに。完全に引きこもり生活。今週末まで晴れ間がないようで、なんとかならないもんかと毎日うなだれている。気晴らしのアルコールも飲まずス…

#00077 もう一ヶ月

前回の投稿からあっという間に一ヶ月経ってしまった。忙しいというより落ち着かない時間が多かったと思う。慣れないことが多いのは必要以上に体力を使う。これからの一ヶ月はコンペの準備とこれから始まる日光写真傘の制作に時間を使っていく。テストの繰り…

#00076 アートフェスティバルの視察

アートフェスティバルとインディペンデントギャラリーの視察旅行が終わり、トランスファー先のイスタンブールで一息ついている。残りの飛行機が少し憂鬱だがこれ以上歩かなくていいと思うと嬉しい。そう思ってしまうほど今回の旅は少しハードだった。ベルリ…

#00074 ウェブサイト

ウェブサイトをリニューアルしました。 Satoshi Terada Photographs 寺田哲史ウェブサイトhttps://satoshiterada.com

#00075 進展状況

友人の店舗デザイナーにギャラリー内容の相談。明日は保健所にカフェ開業の相談。室内デザインと法律について知らないことばかりで、色々な人に協力してもらい、迷惑をかけている状態が続いている。 作品が展示できる壁とスポットライトがあればギャラリーと…

#00073 ウェブサイト

6年ぶりにウェブサイトを作っている。前回は同級生のデザイナーたちに凝ったウェブサイトを作ってもらったが、今回はシンプルなデザインのテンプレート。今月中に仕上げてアップしないと来月の視察旅行に間に合わない。 何をするにも手が遅くて困る。毎日夜…

#00072 ギャラリー

ギャラリーの片付けもようやく先が見えてきて、来週から床と壁面を直していく。全てが初めてなのでなかなかスムーズには進んでいかないが、モデルとなるギャラリーをこの数年でたくさん見てきた事は貴重だったのかもしれない。どこにお金をかけ、どこを省略…

#00071 アートバーゼル香港2017

香港視察が終わり新年度の準備と撮影を再開。今回の視察もやはり予定を詰め込みすぎて少し朦朧とした。日本だとギャラリーの巡回ルートも決まっているし土地勘もあるので問題ないのだけど海外だとそうもいかず、チューリッヒやベルリンのようにアートマップ…

#00070 やること

これからやってくる忙しさにソワソワしている。香港視察ではアートバーゼルの他に現地の面白い写真家を見つけることが目的の一つになっている。思えばアジアの若い写真家のことをあまり知らない。調べたこともないかもしれない。いつもヨーロッパやアメリカ…

#00070 牛を撮る

牛撮影を再開。この2ヶ月は牛の撮影に時間を作ることができずにいたが、スケジュールは自分で作らないと次々に埋められてしまうものだと思い直し意識的に時間を作るようにしている。撮影の依頼があることは非常にありがたいしやりがいもあるのだけど、それば…

#00069 アートギャラリーとドローン

練習用に購入したおもちゃのドローンはあっとゆう間にロスト。1万3千円はドローンとしては安いが......ちょっとした喪失感を味わっている。実際の仕事ではファントム4を使うなら回りくどいことをせず直ぐにファントム4を買えばいいじゃないかと思うことも…

#00068 モノクロフィルムで

私生活の大きな転換点を迎え、心境にも変化が起きている。自分の身の回りを記録しようとフィルムカメラを探している。 今まではプライベートを撮影しようとは考えてこなかったし、自分はそのタイプではないと思い込んでいた。内容に特化した作風は荒木さんと…

#00067 アイデアと継続力

リアルファーのシリーズを開始して3年。同時並行で進めてきた幾つかの作品も形になり始めている。今年はその発表の年になりそうで、春までは会場決めや自家製写真集作りの準備で追われそうだ。 3月下旬に香港で開催されるアートバーゼルに視察に行こうとチ…

写真展Real Fur記録

2016年11月8日〜11月13日 Real Fur at Totem Pole Photo Gallery

#00066 個展の準備

11月8日から13日まで、東京四ツ谷のTOTEM POLE PHOTO GALLERY(http://tppg.jp)で個展が開催される。 これは東京造形大学創立50周年を記念した大規模展示会の一環で、メインの記念展は青山スパイラルと秋葉原3331で開催される。写真専攻は新宿四ツ谷を中心…

THE TOKYO ART BOOK FAIR/東京アートブックフェア/トーキョーアートブックフェア

東京アートブックフェアのブースナンバーはF−24。 フェアのためにインクジェットプリントのZINEを作っている。桂川という山梨県に流れている川のディテールを撮影したものだ。

#00064 アートブック制作

9月16~19日に開催されるトーキョーアートブックフェアの準備。3年ぶりの出店で、今年は写真集のサンプルとコンセプトグッズを持っていこうと思っている。 先週からフランスであれこれ。合間にパレ・ド・トーキョー、ポンピドゥーセンターを見に行き、アート…

#00063 新しい生活

4月から生活の場所を山梨に移し、新しい生活が始まる。写真家、教育者、地域の担い手と、役割と夢に囲まれた生活だ。プライベートな時間はほとんど取れなくなるけれど、自分が望んだものが用意されているこれからの環境に感謝する。 最後の助手展では牛の作…